平成22年度事業計画と予算書

財団法人 数学オリンピック財団

事業計画
 JMO、JJMOの実施

@ 第21回JMO予選、第9回JJMO予選の応募受付(5月1日〜10月31日)

A 会場責任者打ち合わせ会議:平成22年9月〜10月の日曜日(3会場)

B JMO・JJMO予選の実施(1月10日:成人の日)

C JMO・JJMO本選の実施(2月11日:建国記念の日)
 日本代表選手及び強化候補者に対する通信添削指導(4月〜7月:5回)
 日本代表選手に対する強化合宿(7月3日、4日)
 第51回IMOカザフスタン大会への参加(7/2〜7/15)
 夏季セミナーの実施(8月22日〜28日)
 問題調整会議の実施(9月〜11月の週末ごと全12回)
 APMO国内大会の実施(3月8日:予定)
 春の合宿の実施(3月25日〜31日)
 表彰式、記念講演会の実施(3月30日)
10  機関誌の発行:財団通信 No.39(5/1) 、No.40(9/1)
11  先進的科学技術学習用カリキュラム新教材の発行

@ 高校生用教材「math OLYMPIAN」
 ・年3回発行:No.46(5月)、No.47(7月)、No.48(10月)

A 中学生用教材「JUNIOR math OLYMPIAN」
 ・年3回発行:No.22(5月)、No.23(7月)、No.24(10月)
12  役員会等の実施

@ 理事会・評議員会:平成22年5月、平成23年3月

A JCIMO委員会:平成22年4月3日(土)
13  その他

@ JMO・JJMO地区表彰(賞状と楯)、JMO Aランク者(賞状と楯)

A ポスターの作成(JMO及びJJMO)

B パンフレットの作成
★APMO主催国としての事業は、別途計画する。


  
予算
項目予算額前年度
予算
摘  要
T 収入の部万円万円万円
 1.基本財産運用860935-75
 2.JST支援金2,5002,5000科学技術振興機構(JST)からの支援予定
 3.寄付金収入50500
 4.JMO受験料840880-404,200円(平均)×2,000名
 5.JJMO受験料364308562,800円(平均)×1,300名
 6.雑収入220
当期収入合計(A)4,6164,675-59

U 支出の部万円万円万円
 1.事業費3,3413,240101
 (1)予選経費98197011地区表彰・会場責任者連絡会経費を含む
 (2)本選経費14412024
 (3)APMO5665-9主催国としての予算は別途会計
 (4)合宿費304360-56前年度実績298万円
 (5)IMO関係費740630110交通費の増額
 (6)夏季セミナー経費53151516宿泊費の増額
 (7)広報活動費35731047前年度実績352万円
 (8)育成調査研究費228270-42前年度実績227万円
 2.管理費1,5411,49051
 (1)職員手当82079030職員増
 (2)福利厚生費20200
 (3)会議費60555
 (4)旅費交通費806515職員増
 (5)通信費38353
 (6)消耗品費75750
 (7)備品費000
 (8)リース料50500
 (9)事務所借用費3213156
 (10)水道光熱費38353
 (11)租税公課10100
 (12)雑費2940-11
 3.予備費35350
 4.国際大会開催基金5005000
当期支出合計(C)5,4175,265152
当期収支差額(A)−(C)-801-590-211
前期繰越収支差額2,2002,2000予算額は、見込み
次期繰越収支差額1,3991,610-211予算額は、見込み