平成26年度 JMO事業報告
(平成26年 4月 1日〜平成27年 3月31日)
公益財団法人 数学オリンピック財団

1.JMO予選の実施

(1)予選実施方法、会場


 2015年(平成27年)1月12日(成人の日)に、全国71会場にて予選大会を実施した。 3,267名(高校生3,196名、中学生69名、その他2名)の生徒が参加し、13時から16時の3時間で12問の 問題に挑戦した。 今年も5月と9月に、募集要項、ポスター等を、全国の主要な高等学校・中学校と過去参加者があった学校に、郵送した。 応募受付は、5月1日から10月31日まで行った。

(2)参加者数及び合格者


 応募者数は3,508名(昨年比53名増)であり、受験者のうち、176名(予選免除者1名を含む)がJMO本選に進んだ(内、中学生は14名)。 予選応募校は、高校503校、中学校26校で、小学校が1校あった。学年別応募人数は以下の通りである。      
高校3年22名
高校2年1,901名
高校1年1,510名
中学3年65名
中学2年5名
中学1年2名
小学1年1名
その他2名

<男2,941名、女567名>

(3)地区表彰の実施


 各地区(JJMOと同じ15地区)とも、Aランクと合わせて応募者の1割程度を表彰した。 Aランク賞受賞者には賞状と楯を、地区表彰受賞者には賞状とメダルを学校宛に贈った。
 Aランク者175名、地区表彰者243名であった。

2.JJMO予選の実施

(1)予選実施方法、会場


 2015年(平成27年)1月12日(成人の日)に、全国の63会場で予選大会を実施した。 2,261名(中学生2,235名、小学生26名)の生徒が参加して、13時から16時の3時間で12問の問題に挑戦した。
 JMOと同様に、5月に募集要項、ポスター、財団通信等を全国の主要な中学校と、過去参加者があった学校に郵送した。 応募受付は5月1日から10月31日まで行った。

(2)参加者数及び合格者


 応募者数は2,467名(昨年比500名の増)で、92名がJJMO本選に進んだ。 予選参加校は、中学校282校、小学校24校で、学年別応募人数は以下の通りである。
中学3年954名
中学2年914名
中学1年571名
小学6年12名
小学5年8名
小学4年以下8名
<男子1,956名、女子511名>

(3)地区表彰の実施


 各地区(JMOと同じ15地区)とも応募者の1割程度を目安にして、311名を表彰した。 表彰状とメダルを各学校長に送り、集会で表彰していただくように依頼した。

3.JMO本選の実施

(1)本選実施方法、会場


 2015年(平成27年)2月11日(建国記念の日)に本選大会を全国8会場(山形、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島)で実施した。

(2)参加者数


 JJMO予選合格者176名(予選免除者1名を含む)のうち、174名が本選大会に参加し、13時から17時の4時間で5問の問題に挑戦した。
参加生徒の学年別人数は、以下の通りである。( )の内数は女子の人数。
高校3年5名(0)
高校2年89名(4)
高校1年66名(3)
中学3年13名(0)
中学2年1名(0)



4.JJMO本選の実施

(1)本選実施方法、会場


 2015年(平成27年)2月11日(建国記念の日)に、本選大会を全国9会場(札幌、山形、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島)で実施した。

(2)参加者数


 JJMO予選合格者92名のうち、90名が本選大会に参加し、13時から17時の4時間で5問の問題に挑戦した。
 参加生徒の学年別人数は、以下の通りである。( )の内数は女子の人数。
中学3年44名(5)
中学2年35名(0)
中学1年8名(0)
小学6年3名(0)






5.日本代表選手に対する強化合宿・通信添削指導(4月〜6月)

(1)研修等取組の実施日程、会場(方法)


 2014年5月4日〜6日に、国立オリンピック記念青少年総合センターで強化合宿を行うとともに、4月から6月の間に3回の通信添削指導を行った。

(2)研修等の取組への参加者


@強化合宿参加対象者
IMO代表選手6名高校3年5名、高校1年1名
IMC代表選手4名中学3年4名


A通信教育参加対象者
春の合宿参加者対象24名高校3年9名、高校2年6名、高校1年7名、中学3年2名
春の合宿参実加者13名高校3年5名、高校2年4名、高校1年3名、中学3年1名

(3)研修等取組参加者の選抜方法


 第55回IMO代表選手、2014KIMC代表選手を集めて強化合宿を行うとともに、JMO・JJMOの春の合宿参加者24名の中の希望者13名に通信教育を行った。

(4)研修等取組の実施体制


 理事長および専務理事の指揮のもとに、JCIMO委員会指名チューターが中心となって、指導者、出題者、添削者等を決定した。

(5)研修等取組の実施内容(実施プログラム)


 各国際大会と同じ時間配分で、同程度の問題を出題して解答させ、解説を行った。また、毎回宿題として問題を出題し、次回に解答・解説を行った。

(6)講師及び講師の選抜方法


 ・講師:大学生7名
 ・選抜方法:JCIMOが指名したチューターのうち7名を選抜した。

6.代表選手直前学習会の実施

(1)IMO関係


@研修等取組の実施日程、会場
日  程2014年7月5日(土) 13:00〜15:00
会  場羽田空港国際線ターミナル待合室


A研修等の取組への参加者
人  数6名(IMO日本代表選手)
学年構成高校3年5名、高校1年1名(全員男子)


B研修等取組の実施内容(実施プログラム)
 大会参加当日、理事長の指導のもと、JCIMO委員会指名のチューター2名が、試験問題への取り組み方、答案の書き方、心構え等を、IMO通信添削(第3回)の解答・解説を行いながら指導に当たった。
 また、副団長から大会参加に当たっての諸注意を行った。

(2)EGMO関係


@研修等取組の実施日程、会場
日  程2014年4月9日(水)17:15〜18:15
会  場成田国際空港有料待合室


A研修等の取組への参加者
人  数4名(EGMO日本代表選手)
学年構成高校3年1名、高校2年1名、高校1年2名 (全員 女子)


B研修等取組の実施内容(実施プログラム)
 大会参加当日、理事長の指導のもと、今回のオブザーバーのチューター3名が、試験問題への取り組み方、答案の書き方、心構え等を指導した。
 また、副団長から大会参加に当たっての諸注意を行った。

(3)IMC関係


@研修等取組の実施日程、会場
日  程2014年7月20日(日)19:00〜21:00
会  場ホテル「東横イン成田空港」


A研修等の取組への参加者
人  数4名(KIMC日本代表選手)
学年構成中学3年4名 (全員 男子)


B研修等取組の実施内容(実施プログラム)
 大会参加前日、理事長の指導のもと、今回のオブザーバーのチューター2名が、試験問題への取り組み方、答案の書き方、心構え等を、IMC通信添削(第3回)の解答・解説を行いながら指導に当たった。
 また、副団長から大会参加に当たっての諸注意を行った。

7.国際大会への参加

(1)第55回IMO南アフリカ大会(7/3~7/13)


 役員6名、選手6名(高校3年5名、高校1年1名:全員男子)が参加した。 選手全員がメダルを獲得し、金メダル4名、銀メダル1名、銅メダル1名であった。 なお、大会全体の受賞者数は、560名中、金メダルが49名、銀メダルが113名、銅メダルが133名であった。
 国別成績で、日本は101ヶ国・地域中、第5位という素晴らしい成績を収めた。

(2)第3回EGMOトルコ大会(4/10〜4/16)


 役員5名、選手4名(高校3年1名、高校2年1名、高校1年2名:全員女子)が参加した。 選手4名のうち、銀メダルが2名、銅メダルが1名であった。 なお、大会全体の受賞者数は、110名中、金メダルが11名、銀メダルが18名、銅メダルが30名であった。国別成績で、日本は29ヶ国・地域中、第10位であった。

(3)2014IMC韓国大会(KIMC)(7/21~7/26)


 役員3名、選手4名(中学3年4名:全員男子)が、大会のKey StageVに参加した。 4名の選手のうち、2名が金メダル、2名が銀メダルを受賞した。 他に、Group Award 1位、Team Award 2位の2種類の賞を受賞し、日本チームはKey StageV全体(Overall Award)で3位という素晴らしい成績を収めた。
 なお、参加の国数・地域・チーム数は、下記の通りである。
Key StageV28ヶ国・地域 77チーム308名
<金メダル22名、銀メダル40名、銅メダル60名>
Key StageU24ヶ国・地域 70チーム280名

8.夏季セミナーの実施

(1)実施時期及び場所


 2014年8月24日(日)〜30日(土)山梨県・清里高原(ヴィラ千ヶ滝)

(2)研修への参加者


人  数26名(男子23名、女子3名)
学年構成高校3年6名、高校2年8名(1)、高校1年8名(1)、中学3年2名(1)、中学2年2名
 ( )内は女子人数

(3)参加生徒の選抜方法


 第24回JMO本選入賞者で春合宿参加者のうちの希望者、および、一般公募の応募者から選抜した。今回も女性枠を設け、論文審査の結果、1名を選抜した。

(4)取組の実施体制


 事長及び専務理事の指揮の下に、チューターの中で指名された1名がオーガナイザーとなり、準備から合宿研修期間を通して運営管理をした。 特別講師として、外部から3名の大学教授を招待して講義を頂いた。また、IMOメダリストのOB等チューター14名の指導の下、8班に分かれて数学書を講読した。

9.問題調整会議の実施


9月〜11月の週末ごとに、問題選定の会議を9回実施した。

10.第27回APMO第11回国内大会の実施

(1)実施日時及び会場


2015年3月10日(火)9時〜13時
東京、大阪、及び、福岡の3会場で実施した。

(2)参加生徒:32名(男子30名、女子2名)


学年構成高校3年10名、高校2年9名(内、女子1)、高校1年9名(内、女子1)、中学3年4名
<学年は、2015年3月現在>

(3)日本代表選手:10名


学年構成高校3年6名、高校2年2名、高校1年2名 (全員男子)
<学年は2015年3月現在>

11.春の合宿及び表彰式

(1)実施時期及び会場:2015年3月22日(日)〜28日(土)  国立オリンピック記念青少年総合センターで実施

(2)合宿参加生徒:32名(男子30名、女子2名)


学年構成高校3年10名、高校2年9名(内、女子1)、高校1年9名(内、女子1)、中学3年4名

(3)実施体制


 理事長及び専務理事の指揮の下、チューター22名が指導にあたった。

(4)実施内容


 IMOコンテスト本番と同じ形式の試験4回(各回4時間半、各3問の記述式問題)と講義3回、演習2回(各回2〜3時間)実施した。

(5)表彰式


 2015年3月27日(金)13時30分〜16時、JMO、APMO国内大会、JJMOの表彰式を行った。表彰者は、JMO20名、APMO10名、JJMO11名である。
 来賓として、文部科学省から科学技術・学術政策局 人材政策課長 片岡 洋氏にご出席いただき、ご祝辞をいただいた。
 記念講演は、京都大学教授 森 重文 氏に 「世界とのつながり方 ー 数学者の場合」 という演題でご講演いただいた。

12.機関誌・新教材の発行

(1)財団通信:No.47 (5/1)、No.48 (9/15)


 No.47では国内大会の結果を、No.48では国際大会の結果を中心にそれぞれ32,000部、33,000部を作成し、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の共通事務により、全国の高等学校約2,000校、中学校約1,500校等に配布してPRに務めた。

(2)先進的科学技術学習用カリキュラム新教材の発行


@高校生用教材「math OLYMPIAN」
  年3回発行:No.58 (5月) 、No.59 (9月)、No.60 (11月)
A中学生用教材「JUNIOR math OLYMPIAN」
  年3回発行:No. 34(5月)、No.35 (9月)、No.36(11月)

13.役員会等の実施

(1)理事会・評議員会


平成26年5月24日(土)第1回理事会:13時30分〜14時30分

<内容> 平成25年度事業報告・収支決算報告等
平成26年5月24日(土)第1回評議員会:14時35分〜15時00分

<内容> JMO理事・監事の選出等
平成26年5月24日(土)第2回理事会:15時10分〜15時30分

<内容> JMO理事長の選出等
平成26年6月15日(土)第2回評議員会:13時30分〜15時00分

<内容> 平成25年度事業報告・収支決算報告等
平成26年8月9日(土)理事懇談会:13:30〜15:30

<内容>EGMO日本代表選手の選抜時期・方法等
平成27年3月7日(土)第3回評議員会:13時30分〜14時30分

<内容> 平成27年度事業計画、収支予算等
平成27年3月7日(土)第3回理事会:14時40分〜15時45分

<内容> 平成27年度事業計画、収支予算等

(2)JCIMO委員会


平成26年4月6日(日)13時30分〜15時20分

<内容> IMO・IMC各大会の日本代表団の決定等
平成26年8月9日(日)15時35分〜16時30分

<内容> JMO問題調整ガイドライン、EGMO日本代表選手の選抜方法等
平成27年1月24日(土)13時30分〜16時

<内容> EGMO日本代表選手の選抜等

14.その他

(1)ポスターの作成


JMO用A3版11,500部
A4版9,500部
JJMO用A3版4,500部
A4版15,700部

(2)パンフレットの作成


2015年版を、PR用として3,100部作成した。