IMO2023日本大会開催に向けて
JMO賛助会へのご寄附の御礼

公益財団法人 数学オリンピック財団
理事長  森田 康夫


 公益財団法人数学オリンピック財団では、2023年に日本で国際数学オリンピック(IMO)を開催することとなり、大会開催のための寄附をお願いしています。
 企業などからの大口の寄附を集めるためには税額控除対象法人になることが欠かせませんが、税額控除対象法人になるためは内閣府に認可申請をする前の3年間で年平均160名の寄附者を集めることが必要となっています。 そのため当財団では2015年にJMO賛助会を立ち上げ寄附者を募ってまいりましたが、お陰様で2019年3月末時点で、許可の申請に必要な数の賛助会への寄附者を集めることが出来ました。
 ご協力下さった皆様に心から御礼を申し上げます。
 当財団では2019年5月中に内閣府へ税額控除対象法人の申請を行う予定ですが、今後もご支援とご協力を下さる様お願い申し上げます。