第30回APMOにおける日本代表選手の成績

 平成30年3月13日(火)(9時〜13時)、東京、名古屋、大阪の3会場でAPMO第14回国内大会を開催した。 これまでのJMO春の合宿参加有資格者42名のうち31名が受験し、その結果、上位10名の成績を日本代表の成績として、主催国のメキシコに提出し、日本は金賞1、銀賞2、銅賞4、優秀賞3、国別順位3位の成績を修めましたのでお知らせいたします。
なお、大会結果は、APMOのホームページ(http://www.ommenlinea.org/apmo/)をご覧ください。


日本代表選手の成績
氏名所属校学年備考
金 賞谷 悠太開成高等学校3年
銀 賞原  季史筑波大学附属駒場高等学校3年
銀 賞兒玉 太陽海陽中等教育学校4年
銅 賞黒田 直樹灘高等学校2年
銅 賞馬杉 和貴洛南高等学校附属中学校中学3年
銅 賞早川 睦海宮崎県立宮崎西高等学校1年
銅 賞坂本 平蔵筑波大学附属高等学校1年
優秀賞窪田 壮児筑波大学附属駒場高等学校3年
優秀賞西川 寛人愛知県立明和高等学校2年
優秀賞星野 泰佑東海高等学校1年
(成績順。学年は平成30年3月現在)


参加国数39ヶ国、 国別順位 日本3位

 参加者数は39ヶ国352名で、日本の国別順位は3位でした。
国別順位で上位10ヶ国は、以下の通りです。
1.韓国、  2.アメリカ、  3.日本、  4.シンガポール、 5.カナダ、  6.ロシア  7.台湾、  8.イラン、 9.タイ、 10.インドネシア

(全受賞者数) 金賞12人、 銀賞43人、 銅賞109人、 優秀賞124人